7話ネタバレと感想

ネタバレ

「病院の外でも理想振りかざしてんじゃねーよ」

ドラッグストアの薬剤師 小野塚に言われた言葉を気にするみどり。

小野塚はみどりが去ったあと

薬局じゃできることが限られてると苛立っていたが、

「俺だって…こんなはずじゃ…」

就職したころのことを思い出す。

目標を持って毎日忙しいながらも必死で働いていたが

ドラッグストアが24時間に変更になり薬局も24時間営業することになり事態が変わる。

人手不足のシワ寄せが小野塚にくる。

夜勤とはいえ午前11時に出勤、19時まで通常業務、夜勤明け午前9時で帰るキツイ勤務時間。

夜勤対応できる人手が不足し週3日の夜勤を強いられるなか、病欠が出ればさらに夜勤が増える。

やがて疲れた果てた小野塚はやる気を失う。

一方、病院で落ち込むみどり。

ドラッグストアへ行って小野塚に会った事を瀬野たちに話す。

薬局にも問題はいろいろあると話し合うが、

「ただ協力すべき相手だって事を忘れたらダメだ」

と瀬野が言う。

今度、病院で行われる症例報告会で

近くの薬局と合同勉強会を提案することにする。

 

一方、入院中の新田さんは

お見舞いに来た先生にクラスの子供たちの寄せ書きをもらって嬉し泣き。

退院後の薬の管理がちゃんとできるか不安視しているため

お薬カレンダーを渡す予定ではいるが、退院後は患者の自己管理になってしまう。

小児科の前を通りかかったみどり

お薬カレンダーにシールを貼ったりお絵かきする子供をみて閃く!

二週間後、新田さんの退院の日

クラスの子供たちに絵を描いてもらった

オリジナルお薬カレンダーを渡すと

また嬉し泣きする新田さん。

 

小野塚は・・・

瀬野がナカノドラッグへ行き小野塚を呼び出す。

小野塚を勉強会に誘うが

「そんなに俺のこと何もしないダメ薬剤師扱いしたいのかよ!」

と言う

瀬野は

「うちの若い薬剤師が患者のためと思ってやったことで失敗したあと
委縮する姿を見たくないだけだから」

 

そして勉強会に姿を現す小野塚。

見どころと感想

自分の管理の及ばないところでテキトーな仕事する奴いますよね。

(現実の誰かを思い出しイライラする)

簡単にダメな奴ときめつけるのもどうかと

その人にはその人の事情があって

そうできない可能性もあるんだなぁと思させてくれる話でした。

「ただ協力すべき相手だって事を忘れたらダメだ」

敵じゃなんです。

 

私の選ぶ今回の瀬野さん名言

君がなにに不満持ってるか知らないけど自分で動くしかないんじゃないの?

今の状況から脱出するには

やっぱり自分が動くしかないんです!

 

ぜひ本編を読んでいただきたいです!!

アンサングシンデレラ 本編はこちら

9話ネタバレと感想