小里誠2ndミニアルバム制作プロジェクト

プロジェクトカテゴリ : 音楽

小里誠2ndミニアルバム制作プロジェクト

このプロジェクトについて

はじめに


みなさんこんにちは。


このプロジェクトを見てくださってありがとうございます。


元ザ・コレクターズの小里誠です。


今はFrancisという名前のソロユニットとして活動しています。






プロフィール


小里誠(オリマコト)


1965年神奈川生まれ。

高校時代から友人と作り続けていた音源が一部のマニアックな音楽好きの目にとまり、世界のインディーレーベルの中でもひときわ異彩を放つ独Ata takレーベルよりアルバム“Ha!Ha!Tarachine!”を85年にリリースしたPicky Picnicとしての活動で本格的な音楽キャリアをスタート。

現ORIGINAL LOVEの前身バンドThe Red Curtainを田島貴男と結成しベーシストとして活動。サイケからガレージ、ソフトロック、ジャグバンドスタイルからソウルミュージックまでその雑多にジャンルを超えてスポイルする音楽性で話題になる。

そして90年のバンド脱退後、メンバーチェンジという形で91年にTHE COLLECTORSにベーシストとして加入。

94年にはソロユニットFrancis名義でミニアルバム“Burning Bear!”をリリース。Modsをルーツにブリティッシュ・ロック的なアプローチで活動するTHE COLLECTORSとは一線を画す、自らのルーツであるニューウェイヴ、ノイ!などのクラウト・ロック、ヴェルベット・アンダーグラウンドなどのNY系ガレージ、Sゲンスブールなどのフレンチ・ポップなどに影響を受けた独自の世界を展開した。



そして2014年、THE COLLECTORSを突然の脱退から約一年の沈黙を経て、2015年ソロ活動を再始動させた。





公式HP:http://orimakoto.com


Twitter:https://twitter.com/orimakoto





活動履歴


1982年

・独Ata TakレーベルのDer Plan、米RalphレコードのThe Residentsなどに影響を受け、独自の自宅録音を始めるべく高校の同級生とピッキー・ピクニックを結成。自主レーベル、PANIC RECORDからカセット『PICNIC LAND』をリリース。ディスクユニオンなどの輸入レコード店にて委託販売しつつ、フールズメイトなどの雑誌にも紹介される。同時にその影響を受けたAta Takにも送ると好意的なリアクションがあり、その後親睦を深めるきっかけにもなる。

1985年

・大学で知り合った、田島貴男と共に、彼のオリジナルデモテープをバンドで演奏したいというきっかけで「The Red Curtain」を結成。

・前年から約1年をかけ、戸川純率いるヤプーズのメンバーであり、山海塾の音楽も手掛ける吉川洋一郎のサウンドプロデュースにより、『PICNIC LAND』をベースにレコーディングしたオリジナルアルバム『Ha!Ha!Tarachine』を国内インディーズMARZレーベル、独Ata Takレーベルから日独同時リリース。そしてシングルカットとして『くたびれたQ』(キャプテンレコード)をリリース。

1986年

・共通の知人の紹介で知り合った漫画家、玖保キリコと意気投合し、彼女の漫画『シニカル・ヒステリー・アワー』のキャラクター達を実際の音楽にしてみたらどうなるか?というコンセプトで、アナログシングル2枚組歌詞ブックレット仕様の『シニカル・ヒステリア・ワールド』(PANIC RECORD)を通販のみでリリース。これを機に玖保キリコもピッキー・ピクニックのメンバーに加入。

・ナゴムレコードからソノシート『LOVELY WATER PEACEFUL』をリリース。

・The Red Curtainは都内ライブハウスで精力的にライブ活動を始める。

1987年

・4月、The Red Curtain、オムニバス・アルバム『ATTACK OF THE MUSHROOM PEOPLE』(MINT SOUND RECORDS)に「Talkin' Planet Sandwich」で参加。これをきっかけにネオGSシーンに参入することになり競演の機会も増え、その後、加入することになるTHE COLLECTORSとも知り合うきっかけにもなった。

・7月、バンド名をThe Red Curtainからオリジナル・ラブに改名。

・12月、オムニバス・アルバム『MINT SOUND’S CHRISTMAS ALBUM』(MINT SOUND RECORDS)に「X'mas NO HI」で参加。

1988年

・8月、オリジナル・ラブ、1stオリジナルアルバム『ORIGINAL LOVE』をインディーズJALA JALA RECORDSからリリース。

1989年

・ピッキー・ピクニックとしてその後録音した音源をまとめた『くるくる』と『シニカル・ヒステリア・ワールド』をそれぞれカセットブックとしてソニークリエイティブ/CBSソニーからリリース。上記の2作を1枚にまとめたCD『くるくるワールド』(CBSソニー)リリース。

・玖保キリコ監修のオムニバスアルバム『Drive To Heaven,Welcome To Chaos』(WAVE)に「welcome to Heaven」「Murderer's Night Fever」(picky picnic&PYROLATER)で参加。

・インストゥルメンタル・カヴァー・オムニバス『les enfants』(POLYDOR)にオリジナル・ラブ「You Make Me Feel Brand New」で参加。

1990年

・6月、オリジナル・ラブ脱退。

1991年

・1月、THE COLLECTORSにメンバーチェンジという形でベーシストとして加入。

1994年

・3月、ソロユニット「Francis」1stミニアルバム『burning bear!』を自身のインディーレーベルVIVAからリリース。

・4月、THE COLLECTORS 7thアルバム『CANDYMAN』に「レイニーデイマン」(作詞/加藤ひさし、作曲・歌/小里誠)収録。

・11月、渋谷La-mamaにてイベント『Hallo Excentrico!!!』主催。出演はFrancis(サポートメンバー/STARWAGON)、Buffalo Daughter、STARWAGON。

1995年

・4月、THE COLLECTORS 8thアルバム『FREE』に「ゴースト」(作詞/加藤ひさし、作曲・歌/小里誠)収録。

・8月、下北沢Club Que、STARWAGONレコ発にFrancis(サポートメンバー/朝倉ミツヒロ、竹中仁見from Salon Music)出演。

・11月、心斎橋CLUB QUATTROにてイベント『Hallo Excentrico!!!』主催。出演はFrancis(サポートメンバー/朝倉ミツヒロ、竹中仁見from Salon Music)、毛獣(NAO from SUPERBALL)、DJ 田中知之、他。

1996年

・DJとしての活動も多くなり、チバユウスケ(ミッシェル・ガン・エレファント)、DJ ISHIKAWAと共にイベント『CLUB LEWIS』を不定期開催。2000年まで続いた。

2001年

・マンスリーDJイベント『Terminal Jive』を渋谷eggsiteにて開催。

2002年

・『Terminal Jive』の会場を下北沢club 251へ移し、引き続きマンスリーで開催。2004年まで。

2014年

・THE COLLECTORSを脱退。

2015年

・3月13日、六本木super deluxeにてイベント『Hallo Excentrico!!!』主催しFrancisとして活動を再開。出演はFrancis(サポートメンバー/G石井マサユキ、perc西岡ヒデロー)


Buffalo Daughter、CANBAS BAND(小暮晋也from Hicksville、近藤康平)


DJ 森雅樹from EGO-WRAPPIN’、Duck Rock。その後、コンスタントにライブ活動を


続けている。




プロジェクト内容


今回このプロジェクトでは、私、小里誠がFrancisとしてソロ活動を再開させたことを少しでも多くの方に知っていただく為にも

新しい音源を皆さんにお届けしたく書き溜めた新曲を中心にして2ndミニアルバムを制作しようと思っております。


活動再開してから新しい音源を出すというのは、私自身大きな第一歩になると考えております。


ザ・コレクターズを脱退した現在、どこのレーベルに所属しているわけでもなく全て自分一人でやって行かなければなりません。


私がソロ活動を続ける為には、ファンの皆様がお力添えくださると非常に大きな支えとなり、また励みにもなる。

まさに今の私にとって必要な心強い原動力になります。皆様どうかご支援のほど、どうぞよろしくお願い致します。


今回こういう形をあえて試みたのは、ファンの皆様に日頃の感謝の気持ちを込めて直接お礼が出来ると思ったからです。

ささやかではありますが、ギフトの方もしっかりと気持ちを込めてご用意致しました。

是非皆様ご協力、どうぞよろしくお願い致します。



リターン紹介

2点とも見る人が見たら分かるであろう、バンド時代にそれぞれアルバムジャケットで使用している現物です。
1点は比較的きれいに残ってましたが、もう1点はその後ライブでもかなり使用したのもあって、
フレームが錆びてしまってたりしますのであしからず。

サングラス1


サングラス2


ベース

これは俺が人生で初めて買ったYAMAHAのプレジションペース。当時バンク、ニューウェイブに夢中になり、ポリスやクラッシュなどのカッコいいベースフレーズをコピーして喜んでた。中でもレジロスやストラングラーズなどフレーズの動き回るベースが大好きで、レコードに合わせて一日中弾きまくってたなぁ。あまりにも激しく弾き過ぎて弦を切ったりして、、、若さって凄い!現在もこんな状態で3弦が切れたままです、笑。ちなみにこの頃はスペシャルズなど2TONEレーベルがかっこ良く感じてて、その影響で自分でピックガードに市松模様を無理矢理ペイントしちゃったりしてます。かなり雑ですが、、可愛いでしょ?笑。
中3ぐらいから音楽好きの同級生達で集まってコピーバンドやったりして楽しんでましたが、そんな中、高校一年の学園祭でメンバーみんなで画策してその場限りのアナーキーのコピーバンドを結成し、当時不良で番を張ってたヤツに声をかけてボーカルになってもらい、学園祭でそれはそれは大盛り上がりになったのがこのベースの一番の思い出。アナーキーはクラッシュのカバーとかもやってたので、自分としてはかなりリアルパンクな気分でステージに立った記憶があるな。そういえば、同級生だった音楽ライター、エディターの鹿野淳くんがロッキンオンジャパン編集部時代に、オリくんが不良に脅されてアナーキーのコピーバンドやってたとどこかに書いてましたが、それは誤解です、笑。
そんなある意味自分がベーシストになるきっかけにもなった思い出のベースギターですが、せっかくならこうして紹介して日の目を見る機会があってもいいんじゃないかと思いここに出しました。もう50にもなると人生の先もなんとなく見えてきちゃったりもするので、早くも形見分け気分でもあります、笑。せっかくなら喜んでもらえる方の手元にあるのも嬉しいですしね。とはいえ、これで俺がベーシストを辞める宣言をしたわけじゃないのでどうぞご安心を!




さいごに

最後まで読んでくださってありがとうございます。

皆様と一緒に2ndミニアルバムを作っていきたいと思っておりますので、

是非ともご協力よろしくお願い致します。


プロジェクトオーナー

現在の支援金総額

  • ¥281,000
  • サポーター55 人

このプロジェクトはSUCCESSせずに
2015/12/07 23:59 に終了しました