ネタバレ

みどりは入院患者の処方箋について

担当医師の葉山へ電話で疑義(処方箋の内容に疑問等が生じた際に、発行した医師に問い合わせること)をかけたところ

葉山はロクに話も聞かず

「それ合ってるよ」

と電話を切られる。

直接会いにいくが不在、メモを残すが連絡来ず、再び会いに行くが帰宅していて

翌朝、駐車場で出勤してくる葉山を待ち伏せる。

やっと葉山を捕まえ、処方箋の内容を確認すると

葉山のケアレスミスであることがわかる。

「そんなケアレスミスにいちいち疑義かけて時間無駄にしてんじゃないよ!!」

と逆ギレする葉山。

医師には疎まれ、患者には薬出す窓口くらいにしか思われていないことで

「薬剤師の立場ってけっこう下・・・」

と落ち込むみどりに

先輩の瀬野は

自分で自分の立ち位置決めちまったらそっから進めなくなるぞ?

と叱る。

瀬野は、医師や看護師からも信頼される

現場に必要な薬剤師

みどりには厳しいが尊敬する先輩。

みどりが廊下を歩いていると何かにつまずき倒れてしまう。

何につまずいたのか見ると

腰にコルセットを巻いて気分が悪そうに座り込んでいる整形外科の患者、古賀治郎さんだった。

みどりが介助しようとするが拒否する。

しかし、気になり後をつけ病室に行くみどり。

もうすぐ退院だから大げさにしないで欲しかった様子。

まだ気になるみどりは担当した薬剤師、後輩の羽倉に古賀の情報を聞く。

4日前に脚立から落ちて腰を怪我

8年前から喘息の治療をしているが喫煙者。

羽倉は禁煙タブレットを勧めるが

「怪我と関係ねぇ!」

と怒鳴られる。

「いちいち疑義かけて時間無駄にしてんじゃないよ!!」

という言葉が頭を過ぎるも

気合を入れ直し、担当整形外科医に疑義をかけに行く!

喘息の症状について話すみどりに対し

「それ整形の仕事じゃないでしょ!」

という医師。

「医者のくせに患者の異変を見て見ぬふりするんですか!」

と言い返すみどり。

騒がしいと病室を出てきた古賀さんが

みどりと医師の口論を聞き

真実を語り出す・・・

 

入院する少し前から

動悸・めまい 手の震えがある…

と医師に伝え、もう一度診てもらえますか

と頭を下げる古賀さん。

 

その時みどりは古賀さんからタバコの臭いがしないことに気づく。

古賀⊗さんの

「入院してから吸ってねーよ」

の言葉を聞いたみどりはテオフィリン中毒を疑う。

古賀さんが服用していたテオドールは

喫煙を考慮した量が処方されていたため

喫煙をやめた古賀さんはテオフィリンの血中濃度が高くなってしまい中毒を起こしていた。

 

見どころ&感想

上記ネタバレに記載していないところに見どころがあります。

そこはぜひ本編を読んでいただきたいです。

 

では、見どころですが

やっぱり瀬野さん!

きっと彼はこの作品で数々の名言を残す

『名言の泉』的な存在になるのではないかと思います。

物語開始まもなく

自分で自分の立ち位置決めちまったらそっから進めなくなるぞ?

このセリフ!いきなり胸に突き刺さりました!

もう惚れそうです!

 

そして!主人公の葵みどり!

おちこんだり、がんばったり、

喜怒哀楽わかりやすく人間味あふれるキャラクターです。

今の社会は自分を抑えたり、空気読んだりしなければいけないので

私の代わりにみどりさんが感情表現してくれてるようでスッキリします。

 

そして、私が好きなシーン

古賀さんの奥さんとみどりさんの会話

ガンコ病…なんか愛を感じる…

みどりさんのキュンとした表情が可愛い。

そしてそんな夫婦愛に憧れます。

 

みどりさんのセリフ

医師が処方を決めた後のー患者さんにとっては最後の砦みたいな存在なのかな

共感!

私、ひとみは下っ端のIT技術者なんですが

この仕事要らないんじゃない?って思うやりがい無い仕事してると思ってたんですが、

最後の砦!

そう考えると私の仕事って重要!

そう思えるようになり、勇気もらえました!

 

ぜひ本編を読んでいただきたいです!!

アンサングシンデレラ 本編はこちら

2話ネタバレと感想